ピッチ&パネルサーキット(スタートアップ)

これまでの01Boosterのプログラムで採択されたスタートアップ各社が、自らの事業の現在や今後の展望について語ります。
 
◎登壇順
9:10-9:30|池 実 氏(株式会社東京ファクトリー)
9:30-9:50|本田 司 氏(株式会社ジオクリエイツ)
 
9:50-10:00|休憩
 
10:00-10:20|森本 俊亨 氏(グラフィティ株式会社)
10:20-10:40|井口 一輝 氏/田中 啓太 氏(株式会社Mountain Gorilla)
 
10:40-10:50|休憩
 
10:50-11:10|閔 弘圭 氏(株式会社Liberaware)
11:10-11:30|高橋 慶彦 氏(Agrist株式会社)
 
※登壇時刻は、およその時間です。

Panelist

パネリスト

    井口 一輝 氏

    株式会社Mountain Gorilla

    代表取締役

    近畿大学大学院卒業後、デンソーテクノ株式会社でRFID端末、産業用ロボット、HEMS、スマートアグリ等の開発に電子回路技術者として携わる。その後、「技術で人を笑顔に変える仕事をもっとお客様の近くでやってみたい」という思いから、2014年11月に株式会社Mountain Gorillaを創業。製造・建築・建設の中小企業を中心に、スモールスタートで始める。IT/IoT導入を推奨しながら、ソフト〜ハードウェアまでの全て設計を社内完結できる技術力で、各社にマッチした幅広いソリューションを提供している。

    田中 啓太 氏

    内資系製薬会社(一部上場)/株式会社Mountain Gorilla 東京支店 自由部(研修派遣中)

    明治大学経営学部を卒業後、2010年に内資系製薬会社へ入社。営業職(MR)を5年半、マーケティング職に3年間従事した後、現在はメディカルの担当として、大学との共同研究の支援等、活動している。また、仕事の傍ら経営大学院に通学し、昨年MBAを修了。本年4月より、さらに学びを広げるため、医学部博士課程に進学し、公衆衛生・医療政策・データサイエンスの領域で研究を行っている。
    2020年10月より、人材育成プログラムの一環として、株式会社Mountain Gorillaに研修派遣中。“自由部“に配属され、東京支店の立ち上げ、和歌山新規事業の立ち上げ、全社マーケティング戦略構築等、幅広く業務を行っている。
    グロービス経営大学院経営研究科(修了・MBA)、慶應義塾大学 医学部 医療政策・管理学教室(博士課程 在学中)

    池 実 氏

    株式会社東京ファクトリー

    代表取締役

    都府出身。大阪大学大学院修了(金属工学) 。新卒で川崎重工業に入社し、産業用ボイラの生産技術や海外外注先の管理・指導業務に従事。2017年ボストンコンサルティンググループに入社。製造業・エネルギー企業向けのDX、ターンアラウンド、業務改革案件に従事。2020年4月に株式会社東京ファクトリーを設立。製造業のエンジニアのためのSaaSプロダクト、Proceedクラウドの開発・提供を行っている。Proceedクラウドの提供により製造情報の蓄積と製造情報の共有を行い、エンジニアの技能継承の効率化、サプライチェーンの見える化、業務効率化を実現する。

  • 高橋 慶彦 氏

    Agrist株式会社

    取締役COO/共同創業者

    秋田県横手市出身。10歳から、グラフィックデザイン・ホームページ制作を始める。高校卒業後、単身渡米。米国シリコンバレーの大学にて、デザイン・映像制作・WEB制作を修了。帰国後、印刷会社勤務を経て自身も広告代理店を設立。幅広い分野で企画・制作・運営を多数手掛ける。印刷会社・広告代理店・事業開発会社の代表を務め、「日本の魅力を世界に伝える」 を使命に、紙メディア・WEBメディア・人材育成プログラム・空き家再生の開発プロデュース事業を行う。地方創生を実現するため、2018年8月、家族と共に宮崎県新富町へ移住。2019年10月、アグリストを設立し、取締役に就任。

    本田 司 氏

    株式会社ジオクリエイツ

    代表取締役

    豊橋技術科学大学大学院修了。在学中にVRと視線分析の建築学会賞受賞研究に従事。 2012年、株式会社ジオクリエイツ設立し、建築のデジタルデザインで、設計事務所大手層と、都市計画・建築・内装プロジェクトに100件以上関与。 2018年、VRスタートアップとして空間体験価値を定量化する「ToPolog(トポログ)」を展開開始。 Tokyo XR Startups第4期採択、B-SKETbatch3採択MVT(最優秀チーム)受賞、リコーアクセラレーター2019採択、The JSSA Tokyo Award_4賞、LIFULL OPEN SWITCH vol.2採択、docomo 5G DX AWARDS2020ファイナリスト、FGN 5Gラボ 5G協創ピッチイベント優秀賞。

    閔 弘圭 氏

    株式会社Liberaware

    代表取締役 CEO

    千葉大学の研究員時代に経済産業省・資源エネルギー庁「平成25年度発電用原子炉廃炉等・安全技術基盤整備事業のプロジェクト」にてドローンのシステム開発に従事。また内閣府「ImPACTタフ・ロボティクス・チャレンジ」の飛行ロボット部門にて災害対応飛行ロボットのシステム開発に従事。2016年8月に独立し、株式会社Liberawareを設立。代表取締役CEO。共著として、「飛躍するドローン~マルチ回転翼型無人航空機の開発と応用研究、海外動向、リスク対策まで~(株式会社エヌ・ティー・エス) 」がある。

    森本 俊亨 氏

    グラフィティ株式会社

    CEO

    1994年生まれ。慶應義塾大学理工学部情報工学科にて機械学習を研究。ABEJA経営陣直下でのAI事業開発、PKSHA Technology AIアプリケーション開発、ドワンゴAIラボにてDeepLearningを利用した動画の次時刻予測の研究開発を経験。その後、2017年8月にGraffityを創業。現在は、チーム戦を行うことが可能なARバトルの正式リリースに向け、開発を進めている。

Moderator

モデレーター

  • 合田 ジョージ

    株式会社ゼロワンブースター

    取締役 共同代表

    MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手との国際アライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造によるデザイン白物家電の商品企画を担当。村田製作所にて、北米向け技術営業、米国半導体ベンダーとの国際アライアンス、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業に携わり、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略策定を実施。スマートフォン広告のIT StartupであるNobot社に参画、Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、同社のKDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定。現在は01Boosterにてコーポレートアクセラレーター・事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアを中心とした国際的な事業創造プラットフォームとエコシステム構築を目指している。日本国内の行政や大学を含む、多数の講演やワークショップ実施の実績あり。

    岡 宗一郎

    株式会社ゼロワンブースター

    政府系金融機関在職中、スタートアップ、事業承継、老舗企業など4,000社以上の審査を担当。創業専門部署では創業セミナーの企画・運営、大学・高校・専門学校で資金調達やビジネスプラン作成に関する講義、各ビジネスプラン審査員等を担当。ケーブルTVの生放送で地域経済の解説も担当していた。融資課長、創業支援センター所長を経て01Boosterに参画。

    坂田 聡司朗

    株式会社ゼロワンブースター

    大学在学中、ニューヨーク州立大学へ留学。卒業後食品メーカーにて新規事業開発を経験した後転職し、大阪市の産業支援機関にて中小ものづくり企業の販路開拓や経営力・技術力向上を支援。その後部署異動し、スタートアップや大企業を巻き込み、新たな事業創造、及びエコシステム構築を目的としたピッチイベントやハッカソン、海外ツアーや国際カンファレンス等、年間約100件のイベント・プログラムに従事。2018年より01Boosterに参画し、大手企業、スタートアップの事業創造支援に従事。

    平井 忠道

    株式会社ゼロワンブースター

    2008年にABBに入社。自動車用塗装ロボットのラボエンジニアとして従事。2016年にドイツ系素材メーカーのソリューション営業に転職。大手企業から中小企業まで全国の幅広い製造プロセスのクライアントを対象に新規開拓および既存深耕の法人営業を経験。2019年6月より01Boosterに参画。

    水野 亜依子

    株式会社ゼロワンブースター

    名古屋大学を卒業後、1997年に株式会社ギャガ・コミュニケーションズに入社。出版部門で映像ビジネス業界誌や映画雑誌の広告営業・記事編集・番組制作、また新雑誌立ち上げに携わる。2008年より洋画メジャーメーカーで映像ソフトの営業企画・宣伝販促などに携わった後、2015年に愛知県庁へ入庁し国際芸術祭の広報を担当。その後、CCCマーケティング株式会社でアプリの宣伝販促やUIUXプランニングを担当するとともに、新規事業開発にも携わる。エンターテイメントと行政、営業とクリエイティブ、オンラインとオフラインを越境し、常に事に仕えつつ進化を求める。2020年より01Boosterに参画。

Time Table

01Booster
Conference

2020.12.03(木) @ONLINE / 無料

2020.12.03 () @ONLINE /